あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

【2018春アニメ】クール総括+ギアス皇道感想

大幅に遅れました、すみません。2018年の春アニメ、1クール作品が終わり2クール作品が折り返し地点を迎えました。今期も恒例のクール総括をやっていきたいと思います。また記事後半にはギアス総集編の感想も載せています。

 

2018春アニメ感想

リアタイ視聴12クール目となる今年の春アニメ。今期はダリフラをはじめオリジナルアニメが強いと感じたが、原作勢でもゴールデンカムイ魔法少女サイトなどが良い出来だった。

以下、放送終了または2クール作品で一区切りを迎えた作品の順番に並べています。東京喰種は溜めてしまったので扱いません(続編が放送される秋までには見ます)。前半戦の感想は下記リンクからどうぞ。

akairomosaic.hateblo.jp

こみっくがーるず

きらら原作として「ゆるキャン」後の重圧の中で迎えた本作だったがこちらも素晴らしい出来を見せた。ハイテンポな展開とギャグ、「良い話」が絶妙に噛み合っていた。かおすの成長を感じられた11話が個人的ベスト回。最終話は少々ドタバタ気味だったが上手くまとめてきた。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

シュタインズゲート・ゼロ(第1クール、11話まで扱う)

クリスティーナが死亡したβ世界線で繰り広げられる「シュタゲ」2期。第1クールは1期の穴埋めといった感じか。1期以上に難解でなかなか頭に入らず。

2期新キャラ勢がサブキャラのまま終わってしまったが、意味深なシーンもあり油断できない。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

15/20点

 

魔法少女サイト

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★★

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

16/20点

 

刀使ノ巫女(第2クール、完結)

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

ゴールデンカムイ

言いたいことは前半で言い切っているので割愛。とにかく毎週楽しませてくれました。最終回が競馬回だったのは意外、ギャンブルはご用心。

2期(実質分割2クール目)は秋放送。

キャラ・・・★★★★★

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

15/20点

 

あまんちゅ!~あどばんす~

個人的には1期より2期の方が好き。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

15/20点 

 

キャプテン翼(13話までを扱う)

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

11/20点

 

多田くんは恋をしない

個人的にラブコメでバッドエンドは好きでないのでハッピーエンドで締めくくって良し。終盤の伊集院くんの有能ぶりは良かった。最終話の迫真の演技は胸に刺さった。

上で挙げた物足りない点は2つ。1つ目はギャグ色が思った以上に薄かった所。序盤、特に2話はギャグの振り方が見事で野崎くんと同じ路線で行くのかなと思ったけどそれ以降ギャグのキレを失ってしまったのが残念。差別化を狙ったと思われるがもっと違う強みを見せて欲しかった。2つ目はハッピーエンドにしたのは良かったものの急展開すぎた所。盛り上がり所が8話以降だったので3~7話辺りをもう少しコンパクトにしても良かったし、色々やろうとしたけど間に合いませんでした、的な部分が目立った。2クールならもう少し制作側のやりたいこともできたんじゃないかな、と思う。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

12/20点

 

ひそねとまそたん

終始非常に楽しませてくれました。恋愛要素をそういう形で落とし込んできたか、と感じた9~10話辺りがピークだった。唯一、最終話がご都合ENDだったのは心残り。

ボンズアニメらしく作画も良き、古臭さが良い方面に出ている。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

16/20点

 

イナズマイレブン アレスの天秤(13話までを扱う)

初代とはまた違った面白さを見せてくれている本作。星章学園の再戦を描いた12~13話が(再戦に至った動機こそ滅茶苦茶だか)個人的ベスト回。ライバル校の存在だけで熱くなれますね。

必殺技のエフェクトも良き。ネーミングや焼き直し具合は気になるものの、演出の力は大きい。あとは化身がなく単に必殺技の殴り合いというのも良い(GOはそれが原因で序盤で切ってしまった)。

初代との相違点は練習シーンで必殺技の練習よりも戦術関係の描写が多いことだろうか。初代は軽視気味だったのでここに目を付けたのは面白い。

で、レモネードの方はいつ必殺技を覚えるんでしょうね・・・?

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★☆☆☆

13/20点

 

SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン

ピトさんの命を守るために全力でピトさんと戦った物語後半。ピトさんとの対決で7話も使うの?と不安だったが上手い感じにまとめてきた。近距離瞬発派のレンと遠距離高火力派フカ次郎のコンビが絶妙すぎた。最終話は6話同様に肉弾戦、SAOリスペクトどころかガンアクション要素はどこへ行った?w

心の闇を抱えた登場人物がゲームを通じて自己表現。ゲームとしてはある意味正しい。SAOではあまりなかった描写、ファントムバレットだけを描く以外の良い差別点だったと思う。

ただMさんとピトさんの恋愛描写は一応最終回で説明は入っていたものの、安っぽかった。あとはSAOを冠しながらリスペクト以外の、ファンサービスな所がキリトやシノンの名前を出すくらいで少なすぎたのが残念だった(作者違うから仕方ないのかな?)。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2クール、完結)

トリガー伝統?の宇宙展開へと突き進んだ物語終盤。終わってみて宇宙展開必要だったか?とは思ったが、本作のコンセプトは最後まで崩していなかったので良しとしましょう。

キャラ・・・★★★★★

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★★

音楽声優・・★★★★☆

18/20点

 

七つの大罪 戒めの復活(第2クール、完結)

原作がまた続いているという事で俺たちの戦いはこれからだエンド。3期欲しいです。

ただ2期に入ってキャラの数がインフレしすぎてるのはちょっとなって思った(元々多い方だけど)。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

13/20点

 

再放送作品感想

宇宙よりも遠い場所

ソードアート・オンラインⅡ(第2クール)・・・「キャリバー編」「マザーズ・ロザリオ編」を放送。マザーズ・ロザリオ編は個人的にSAOで一番面白かったと感じている。難病患者をフルダイブさせるやつはリアルでも実現してほしいですね。3期ことアリシゼーションは秋放送。

結城友奈は勇者である(1期後半~勇者の章)・・・勇者の章の本放送時の感想はこちらから

 

主題歌表彰

OP

 おそらくリアルタイムで視聴し始めてから最も豊作であったであろう今期OP陣。そんな中でも魔法少女サイトOPが早々と覇権を決めてしまった。銀賞以下は紙一重で、こみがOPとシュタゲゼロOPがそれぞれランクイン。

ED

こちらも豊作に恵まれた。OP以上に接戦だったがフランス語とダンスで個性を出したひそまそEDが金賞を獲得。11話では異例となるカラオケverも流れた。

 

コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅲ 皇道」感想

5月26日に公開された、ギアス劇場総集編第3部の感想になります。

概ねオリジナルと同じ展開、しかしシャーリー関係で大きな改編が

ルルーシュとスザクが枢木神社で再開するシーンから始まった第3部。

重要なシーンで細かいセリフ改変が見られたり、挿入歌が何曲が入ったところを除けばほぼオリジナル通りの展開となった。個人的にはシャーリーが生存したのでもっと派手に改変してくるだろうなと思っていたので少し意外である。

シャーリーが「叛道」で生存したため、登場する追加シーンがいくつか挿入された。その中で竹藪の中でC.C.と対面するシーンがあったのが個人的に印象的だった。C.C.との出会いがシャーリーをどう変えるのか、「復活」ではそういう所でも楽しみである。

ラスト、「復活のルルーシュ」へ繋がる重要な描写が

ほぼオリジナルのままルルーシュの死亡シーンを迎えた訳だが、その後C.C.は馬車の上で寝そべっておらず騎乗していたところが大きな改変ポイントだった。オレンジことジェレミアとシャーリーが何かを運び出したそうだが・・・、果たしてそれはルルーシュのことだろうか。

公式サイト

http://www.geass.jp/L-geass/

 

2018夏アニメ視聴作品について

ツイフィールからご覧ください。※随時更新

【2018夏アニメ】1~3話感想【後半】

先日上げた夏アニメの1~3話の感想のうち、先日扱わなかったアニメの感想になります。前半はこちらからどうぞ↓

akairomosaic.hateblo.jp

 

天狼 Sirius the Survivor

今期のPAオリジナルアニメ。ていうかこれPAだったんだ。1~2話はとりあえず様子見かなという感じだったが物語の深層に踏み込んだ3話は非常に面白かった。

 

はたらく細胞

非常に教養的なアニメ。夕方にやった方がいいくらい(でも多少グロあるから無理かな・・・?)。

 

ぐらんぶる

放送前から「汚いあまんちゅ」とか言われていたダイビングアニメ(ちなみに原作者公認)。おかげで某王道スマホRPGとタイトルが酷似しているのにもかかわらず指摘されることはほぼ皆無。

勢いで攻めるアニメ。怒涛の下ネタシャワーに時々えっちぃシーン。

 

進撃の巨人(3期)

今期のラストバッター。2期同様、続編特有のイントロダクション描写は一切ナシ。憲兵団と調査兵団の間で衝突か。でも折角進撃の巨人なんだし巨人対人間あるいは巨人同士のバトルは欲しい。あと対人立体起動装置かっこいい。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

【2018夏アニメ】1~3話感想【前半】

春アニメの総括記事がまだ上げられていませんが、夏アニメの感想を書いていこうかと思います。曜日順に並べています。未視聴分は後半で取り上げます。

【7月27日追記】後半上げました。

akairomosaic.hateblo.jp

 

 

ヤマノススメ サードシーズン

※1,2期未履修

一部でゆるキャンの先駆者とも呼ばれる登山アニメ。3期から参戦したということで分からない部分もあるが面白い。作画は序盤にも関わらず怪しいが、2話の紐結びは絶品モノだった。

 

すのはら荘の管理人さん

今期暫定トップ。おねショタな所だけでも最高だけど、男の娘要素もしっかり入っていて強さを感じる。生徒会勢も最初いらないのでは・・・?と思ったが同世代と絡ませるという観点からは十分良いし、すのはらさん絡んでいる時とは違ったあっくんの魅力が出ている。なにせ各キャラ個性が際立っている。3話の女装シーン最高でした。

強いて気になる点を挙げるとすれば属性が属性なだけに好みが分かれるという所か。刺さる人は思いっ切り刺さるし、そうでない人は楽しみが見つけられず切っちゃうかもしれないし。

 

Free! Dive to the Future

※1,2期履修済み、「ハイ☆スピード!」未鑑賞(1話前の特番は見た)

水泳アニメの大学生編、京アニ史上初の「3期」。Freeシリーズの総決算といった感じで、大学、岩鳶高校、そして凜の留学先である豪州の大きく3視点から描かれているのが特徴。こういう構図は個人的にすごく好き。若干ホモ臭い描写もあるけど。

初登場かと思われる黒髪のおっさんが何者なのかが気になる。それに2話の描写を察するに岩鳶高校勢と大学勢の対決もあるのだろうか。

 

ハイスコアゲーム

予想を超える面白さ。90年代前半という事で世代ではないもののここまで楽しめている。暴力系お嬢様ヒロインだけどそこが良いし、ゲームとラブコメの混ぜ方が素晴しい。幸い僕はゲームセンターCX(と親が昔遊んでたゲーム)のおかげで少しだけレトロゲーム知識があるのでそこで何とか食いつないでいる。登場人物の性格に難ありすぎだけど個人的には問題ナシ。ただ一線を越えかかっている部分もあるのでそこはもう少し抑えて欲しい。

 

ハッピーシュガーライフ

すのはら荘がおねショタに対し、こっちは「おねロリ」。ただおねロリは百合とはいえ個人的に守備範囲ではないので最後までもつかどうかは分からない。

 

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

今期のメディアミックスもの、今度はミュージカル。

王道的な立ち上がり。1話後半の演出で賛否分かれているようだが個人的にはアリ。むしろ圧倒させられた。ただ1話でみもりんが無口すぎたのが個人的には残念。とはいえみもりんでここまで寡黙なキャラは珍しいのでどんな一面を見せてくれるか楽しみな部分もある。

 

はるかなレシーブ

今期のきららアニメ、がっこうぐらし!ゆるキャン等を輩出した「フォワード」原作。ビーチバレーは水着でやる競技ということで毎回とてもえっちぃ(失礼)。とはいえ競技描写やビーチバレーを通じた人間ドラマもしっかり構築できている。

ただ2話続けてOPがない(個人的にはヴァイオレット以来)。そろそろ聴きたい。

 

就活や学業の都合もあってかあまりリアルタイムで追えていないです。

来月公開予定ののんのんびより劇場版も見に行く予定です。ただ今は金がないので、それ以外の作品は見送りの可能性が大きいです。

『マギレコ』舞台化発表に思う事

まどマギ」のソーシャルゲームである「マギアレコード」の舞台化が先日発表されました。 

来月でサービス開始1周年を迎えるにあたっての舞台化と思われる。

 

舞台化そのものについて

昨今アニメ化作品の実写化や舞台化は、作品のイメージから乖離されがちとして批判の的になっている。個人的には舞台化とか、舞台化のキャストについてはどうでもいいと思っている。もっとも「欅坂」と「けやき坂」が別グループだったという事実が、個人的に小さな驚きだった。ただFGOのリアルイベントといい、アニプレは折角稼いだ課金マネーをそういう所に流すのはどうかとは少し思っている。

ところで、マギレコの新規キャラは総じて露出度が高いのである(特に主人公のいろはは全身スケスケのタイツという、やや特殊な高露出)。これを舞台化でやるのは少々ハードルが高いのではないだろうか。変に布地面積が多くなるとそれはそれでがっかりだし、かといってそのまま行くと結構破廉恥になるし・・・やっぱり舞台化向いていないのでは?

 

主要スタッフにも聞かされてないという驚きの事態

問題はここから。魔女等のデザインを手がけている劇団イヌカレー氏が、舞台化を知らされていなかった旨のtweetをした。

まどマギ」シリーズの世界観の構築に大いに貢献し、マギレコでも数多くの魔女や使い魔のデザインを手がけている彼が知らなかったのは大きな問題といえる。幸い舞台化に対し拒絶反応を示すようなtweetはしていないとはいえ、主要スタッフに伝えないのはいかがなものだろうか。

さらに、アニメーターとしてまどマギおよびマギレコに関与した谷口淳一郎氏も同様の反応を示している。

 とにかく、アニプレのお粗末な対応に憤慨である。

 

とはいえ僕は地方民なので・・・

少し話は逸れるものの、地方民からしたら作品展や期間限定ショップなどのリアルイベントに対して、どうしても疎外感というものを感じてしまう。リアルイベントに限らず放送時間の優遇具合など、アニメ業界が大都会中心に回っているのでそこはどうしようもないのだろうか。

 

余談:マギレコの今後を予想

そんな僕はサービス開始初期からほぼ放置せずにマギレコをプレイしています。恐らく今一番ハマっているであろうソシャゲです。前述の通り、来月でサービス開始1周年を迎えます。

現在は眼鏡ほむらの育成イベントが開催され、メインストーリーも大詰め。まだ最新話には辿り着けてはいないものの、最新話で「ワルプルギスの夜」についての記述があった模様。現在のイベントが終わるとメインストーリーの更新が入ることが発表されており、次のイベント開催は7月下旬(23日辺り)になる。ソシャゲ恒例の水着イベントが開催されることに期待したいが、前倒しで1周年イベを開催する可能性も否めない。

1周年イベの新規実装に望むのは、やはりクールほむらであろう。アルティメットまどかや悪魔ほむらの待望論もあるが、それを1周年で入れるとコンテンツが持たないので現実的に行けばクーほむが一番あり得るかと。いろはの☆5&ドッペル解禁もあり得るが、それだけで終わるのは肩透かしなので避けて欲しい。

舞台化に関しては色々思うことがありますが、ゲーム本編の今後の展開には大いに期待したいです。

生存報告

小路あかりです。約1か月ぶりの更新になります。

とはいうものの、twitterではバリバリ活動中です。最近はW杯の実況で非常に忙しいが故に本業であるアニメ実況がまともに出来ていませんが、ちゃんと生きています。就活は大変ですが周囲のサポートもありまだまだ踏ん張れています。

で、恒例のアニメ感想記事は週末までには上げられそうです。忙しかったこともあり今期もtwitterから引用し放題です、すみません。

更新休止のお知らせ

小路あかりです。新ブログに移転してから半年が経ちました。

さて、早速本ブログの今後について話したいと思います。今年度に入り、就活や研究室の活動がたいへん忙しくなったため、予定していた新企画(思い出のゲームの紹介や過去のアニメの感想)が未だ遂行できていない状態です。また恒例企画である、アニメのクール総括等は何とか上げることはできていますが、それすらも書く余裕がないのが現状です。

今後も、学業や就活関係で忙しくなることが予想され、社会人になっても時間が取れるかどうかは微妙です。またここでは書けない、諸般の事情もあります。そのため、本ブログは本日をもちまして一旦更新を休止したいと思います。またpixivでのドット絵製作活動も一旦休止とします。勝手ながら申し訳ございません。

2015年夏から続けてきたアニメの感想記事も、今夏以降はしばらく上げない予定です。当分の間はtwitterで各話の感想を上げていこうかと思います。

時間に余裕ができたらまたブログを再開しようと考えています。私の日常については今後もtwitterで更新していくのでよろしくお願いいたします。

twitter.com

【E32018】「スマブラ」新作続報

 

今日未明放送の、E32018に合わせたニンテンドーダイレクトにて、「大乱闘スマッシュブラザーズ」最新作の続報が発表されました。

タイトル・発売日

日本国内のタイトルは「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」。既に「スマブラSP」の略称がTwitter等で使用され始めている。日本国内での発売日は2018年12月7日

一方で日本国外のタイトルは「Super Smash Bros. Ultimate」。略称はおそらく「SSBU」か。

新要素

新キャラ

今回のPVでは3キャラの新規参戦が確定。初報で参戦が決まっていたイカことインクリングの詳細も明らかになり、インクを塗る要素も健在。

本作より「ダッシュファイター」の概念が登場、いわゆる「コンパチ*1」を公式が認めたものである。前述のデイジーはピーチのダッシュファイターとしての参戦が決まっている。

挙動関係の変更・追加点

空中回避の仕様がDXのそれに近くなった。DX勢には歓喜ともいえる修正点。さらに空中攻撃を手軽に発動できる「小ジャンプ攻撃」が可能に。ゲムヲみたいに使い勝手の良い空中攻撃を持つファイターにとっては嬉しい新要素。

一方でジャストシールドの発動条件が変更された。ローリスクになったが、タイミングが変わったので正直使いにくいかもしれない。試合中の1位の見分けも可能になったが、正直これはいらない。

その他、ファイターの各種挙動の変更されている。こちらへの良し悪しに関しては、まだ実際に触っていないのでコメントできない。動画を参照すべし。

新ステージ・新アイテム

本作は既存ステージのリメイクが基本になる模様。ゼルダの「神殿」はこれで4作品連続登場という驚異の人気ぶり。実際僕も好きなので嬉しいけど。

アイテムは公式サイトには載っていないためまだ紹介しにくいが、アシストフィギュアボンバーマン(旧ハドソン→コナミ)が登場。スプラトゥーンシオカラーズも登場したが、時間経過で視界が狭まる厄介な効果に。折角全ファイター参戦を標榜してるから、リストラされたアイテムも復活させてほしいのだが・・・(流石に多くなりすぎるか)。

その他

GC風コントローラーの発売が決定。端子はGCのものが流用されるため、既存のGCコントローラでもプレイ可能。

また12月7日発売ということで、今秋より有料サービスが開始される「Nintendo Switch Online」への加入が必要となる。キッズ排除のためなら止む無し。

 

懸念すべき点

スマブラ最新作への期待は高まっているものの、懸念すべき要素がない訳ではない。

ベヨネッタは既に他の人が指摘しているのでここでは取り上げない。

Miiファイターのインターネット解禁について

本作でも容姿や必殺技のカスタマイズを自在に行える「Miiファイター」の参戦が決まったが、前作使用不可能だったインターネット対戦への参戦も解禁されることを明言された。

しかし昨今のインターネットでは某AV男優や某弁護士などのインターネットミームが大流行しており、それらが容易にネット対戦に登場、その果てには公式大会へ参戦してしまう恐れもある。個人的に「例のアレ」系は苦手でも好きでもないが、それらに拒絶反応を示す人が相当数いるもの事実。桜井氏にはこれらをしっかりと、かつやりすぎない程度に規制してほしい。

スマブラシリーズはこれで最後?

「全員参戦」のコンセプトはスマブラシリーズの集大成とも受け取れる。つまり本作がシリーズ最終作になる可能性は十分にあり得る。そのためにも、最高のゲームバランスで発売に至ってほしい。

公式サイト

www.smashbros.com

 もちろん買います。12月7日が待ちきれませんね。

 

番外:マリオパーティ最新作発表

 

今回のニンダイではマリオパーティシリーズの最新作も発表。タイトルは「スーパーマリオパーティ」となり、ナンバリングは採用されなかった。発売日は2018年10月5日

ティザーPVによると、ルールは8以前のものに戻った模様。さらにこれまでオジャマキャラだったクッパクリボーがプレイアブル参戦。

ただ、サイコロ0の概念が導入されたのはかなり厄介・・・。

www.nintendo.co.jp

*1:コンパチブルキャラクターの略称。他キャラのモーションを流用したキャラクターを指す。スマブラシリーズではファルコンとガノン、フォックスとファルコがその代表例。