あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

「スポナビライブ」撤退、DAZN勢力拡大か

blog.domesoccer.jp

有料スポーツ動画配信サービス「スポナビライブ」が今年5月でサービス終了するそうです(ソースは今朝の読売新聞)。

驚きましたね。スポナビで配信されているサービスはDAZNに移管されるそうなので、DAZN勢の僕としては嬉しい限りです。

スポナビの敗因としては2つ考えられます。ひとつ目はDAZNでは可能なPCおよびPS4での視聴ができない、つまり大画面での視聴ができないということ、ふたつ目は高額な放映権料が払えず、また2016年当時狙っていたとされているJリーグを取れなかったことでしょうか。スポナビはあと5年はやるだろうなと思っていたのでかなり早いですね。

 

これによりDAZNは18-19シーズン、既に配信を決定しているUEFA主催大会(CL、EL、スーパー杯)の他、プレミアリーグの全試合中継の権利も得ることになる可能性があります*1。欧州主要リーグとCLとJリーグを、1つのサービスで堪能できるというのはあまりにも大きすぎます。ブンデスは来季放映権が取れるかどうかは不透明

とはいえ勝ったDAZN側も、手放しでは喜べません。サービス開始以来の読み込み時間の長さや音ズレ、通信エラーによる視聴不可など問題は山積しています。さらにスポナビ勢にとっては最安500円で見れていたのが、一気に2000円弱まで値上げされることになります。スポナビ勢も納得できる、良好な環境を提供して欲しいものです。

また海外サッカーにおける最大のライバルを蹴落としたことで「1強体制」となり、値上げの懸念もあります。1890円は学生の僕にとっては結構値が張るので据え置きでお願いしたいです。

あとはACLの放映権も取ってください・・・(今期は無理か)。

*1:17-18シーズンはスポナビライブのみ全試合生配信、DAZNはビッグクラブの試合を中心に5試合のみ生配信