あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

【浦和レッズ】開幕3戦勝ちなしの異常事態

2018年のJリーグが開幕して半月。2年ぶりのACL出場権獲得を目指す浦和レッズに異変が起きている。

 

まずはリーグ開幕3戦の成績を見てみよう。

【第1節】 f:id:ge4457f:20170119224253p:plain東京1-1浦和f:id:ge4457f:20170118012836p:plain

【第2節】 f:id:ge4457f:20170118012836p:plain浦和1-広島f:id:ge4457f:20170120230611p:plain

【第3節】 f:id:ge4457f:20180125230036p:plain長崎1-1浦和f:id:ge4457f:20170118012836p:plain

3戦0勝2分1敗(勝点2、得失点差-1)

 

リーグ戦開幕3戦勝ちなし。点を取っても失点する。勝ちきれない。

原因は開幕直前のラファの移籍がまず挙げられるが、それ以外にも昨季得点ランク3位の興梠の不振、不慣れな4バックの採用とそれに伴う守備崩壊、繋がらない前線などラファ以外の要因も沢山。遠藤のSB起用は層が薄いから仕方がないかもしれないが不可解。夏の移籍市場ではSBの補強を求む。興梠は空気すぎるしチャンス迎えても決定機は外すし、昨年のキレはどこへ行った?

攻撃陣も単調で工夫がない。前線で競ってはボールロスト、ピンチになれば即失点の負のスパイラル。堀監督は何をやりたいのかが分からない。守備陣も昨季安定感を見せていたマウリシオも、今季は安易なミスが重なり調子が悪い。昨日の長崎戦はスタメン落ちて岩波が来るかと思ったがやっぱりスタメン。調子が悪いと察したらすぐに外すべきかと。

新加入のマルティノスも、個人技は上手いのだが、連携はまだまだ。昨オフ目玉補強の一つであった岩波は槙野・マウリシオの牙城を崩せず出場機会に恵まれない。新加入の奮闘なくして浦和の成績向上はない。

 

とはいえ、暗いニュースだけでは終わらない。

【ルヴァン第1節】 f:id:ge4457f:20180125230051p:plain名古屋1-4浦和f:id:ge4457f:20170118012836p:plain

CSフジ未加入のためハイライトしか見ていないが、荻原のゴールシーンは目を見張るものがあった。関根以降有力な生え抜き選手が出ていない浦和、リーグ戦での出場にも期待したい。

www.youtube.com

 

次の試合で勝てなければ堀監督はクビにしよう。