あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

『マギレコ』舞台化発表に思う事

まどマギ」のソーシャルゲームである「マギアレコード」の舞台化が先日発表されました。 

来月でサービス開始1周年を迎えるにあたっての舞台化と思われる。

 

舞台化そのものについて

昨今アニメ化作品の実写化や舞台化は、作品のイメージから乖離されがちとして批判の的になっている。個人的には舞台化とか、舞台化のキャストについてはどうでもいいと思っている。もっとも「欅坂」と「けやき坂」が別グループだったという事実が、個人的に小さな驚きだった。ただFGOのリアルイベントといい、アニプレは折角稼いだ課金マネーをそういう所に流すのはどうかとは少し思っている。

ところで、マギレコの新規キャラは総じて露出度が高いのである(特に主人公のいろはは全身スケスケのタイツという、やや特殊な高露出)。これを舞台化でやるのは少々ハードルが高いのではないだろうか。変に布地面積が多くなるとそれはそれでがっかりだし、かといってそのまま行くと結構破廉恥になるし・・・やっぱり舞台化向いていないのでは?

 

主要スタッフにも聞かされてないという驚きの事態

問題はここから。魔女等のデザインを手がけている劇団イヌカレー氏が、舞台化を知らされていなかった旨のtweetをした。

まどマギ」シリーズの世界観の構築に大いに貢献し、マギレコでも数多くの魔女や使い魔のデザインを手がけている彼が知らなかったのは大きな問題といえる。幸い舞台化に対し拒絶反応を示すようなtweetはしていないとはいえ、主要スタッフに伝えないのはいかがなものだろうか。

さらに、アニメーターとしてまどマギおよびマギレコに関与した谷口淳一郎氏も同様の反応を示している。

 とにかく、アニプレのお粗末な対応に憤慨である。

 

とはいえ僕は地方民なので・・・

少し話は逸れるものの、地方民からしたら作品展や期間限定ショップなどのリアルイベントに対して、どうしても疎外感というものを感じてしまう。リアルイベントに限らず放送時間の優遇具合など、アニメ業界が大都会中心に回っているのでそこはどうしようもないのだろうか。

 

余談:マギレコの今後を予想

そんな僕はサービス開始初期からほぼ放置せずにマギレコをプレイしています。恐らく今一番ハマっているであろうソシャゲです。前述の通り、来月でサービス開始1周年を迎えます。

現在は眼鏡ほむらの育成イベントが開催され、メインストーリーも大詰め。まだ最新話には辿り着けてはいないものの、最新話で「ワルプルギスの夜」についての記述があった模様。現在のイベントが終わるとメインストーリーの更新が入ることが発表されており、次のイベント開催は7月下旬(23日辺り)になる。ソシャゲ恒例の水着イベントが開催されることに期待したいが、前倒しで1周年イベを開催する可能性も否めない。

1周年イベの新規実装に望むのは、やはりクールほむらであろう。アルティメットまどかや悪魔ほむらの待望論もあるが、それを1周年で入れるとコンテンツが持たないので現実的に行けばクーほむが一番あり得るかと。いろはの☆5&ドッペル解禁もあり得るが、それだけで終わるのは肩透かしなので避けて欲しい。

舞台化に関しては色々思うことがありますが、ゲーム本編の今後の展開には大いに期待したいです。