あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

【日本代表】新ユニフォーム発表に思うこと。

日本代表、2年に1度の新ユニフォーム発表がやって参りました。

毎年のようにダサいダサい言われるのがオチですが、個人的にはカッコよくはないけど歴代と比べたらマシ、というのが第一印象でした。新ユニのデザインの解説や個人的評価、そして歴代ユニフォームの思い出とかを語っていきたいです。

 

コンセプトは「日本晴れ」。迷彩ではなく空柄

新ユニフォームのデザインは前面に迷彩のような模様が施されている。ただし公式での発表では迷彩ではなく空柄としている。とはいえサッカーのユニフォームではこれまでに迷彩を採用したクラブはいくつかあり*1、このユニフォームもそのカテゴリに入れるのが自然かと。

いずれにせよ、日本代表のユニフォームにおいて、このような大胆なデザインを採用したのは史上初となる。

 

前面デザインはまだしも、背面の見栄えが悪すぎる

迷彩デザインに関して100点満点で採点するなら50点。挑戦的なデザインであるのは評価したいが、そもそもの柄の主張度合いが個人的に微妙なので、できれば2014年の浦和ぐらいに弱めにしてほしかった。

全身(海外ではこれを「キット」という)に目を向けてみると、水色×紺×水色の配色となっている。2012年以来続いていた全身同色の歴史に終止符を打った。安易な全身同色に疑問を感じていた身としてはこれはこれで評価できるが、配色が微妙すぎた。

で、問題は背面。背面はスカイブルー一色に赤文字の背番号と背ネームが入る。視認性の観点からも十分問題があるが、それ以前に配色がミスマッチ。ナショナルカラーの主張度合いが中途半端に強いのは好きじゃない(過去のモデルでもそうやって台無しになったケースは多々あるが)。普通に白文字で良かったのでは。

総合的に評価するなら40点くらい。この負の連鎖を断ち切るために、もうアディダスと手を切ろう。個人的にはプーマをオススメしたい。

 

日本代表ユニフォームの思い出

代表ユニが発表されるたびダサいの大合唱が繰り広げられるのはもはや風物詩と化していますが、個人的にはモデルによって好き嫌いが分かれますね。

個人的に好きなモデルは2002-03、2016-17モデルの2つ。2002-03モデルはW杯自国開催モデルという補正もあるが、単純にユニフォームとしても非常に美しい。日本の象徴の1つである富士山をかたどった赤ラインが唯一のアクセントと非常にすっきりしており、代表ユニの理想形ともいえるデザイン。続く2016-17モデルは色が濃すぎたのはマイナスポイントだが、青のグラデーションと控えめな赤の一本線と主張するポイントを限定しており良かった。これ以外にも2006-07モデルや2010-11モデルも好きな方。青の色使いは毎回変わるが、個人的には明るすぎず、暗すぎずのいわば群青色が好み。

一方で微妙だったのは2008-09モデルと2012-13モデル。2008-09モデルは単純に明るすぎるのと、黄色を使いすぎている上赤も使っておりアクセントの使い方が微妙過ぎた。2012-13モデルは恵まれたテンプレートからの赤一本線を縦にドドンと据えるという、圧倒的な調和の破壊。唯一、アウェイユニが歴代屈指のカッコよさだったのは救い。

 

日本代表のユニフォームがダサくなりがちな理由

ここからは個人的な推測。日本代表のユニフォームがなぜ酷評されるのかを考えたい。

①コンセプトとデザインの乖離 新ユニが発表されるたび何かとコンセプトを標榜し、それに沿ったデザインとなっているが、サッカーユニフォームとしてのデザイン性も考慮されているのかというと、残念ながらそれとは程遠いデザインであることが多いのが実情である。特に2012-13の縦の赤一本線はコンセプトがあまりに先行しすぎて見栄えがサッカーユニフォームとしての美しさから大きく遠のいてしまった例。2010-11の赤ブロックや2014-15の背中の線も個人的にはさほど気にならないが、やはり浮いている印象を持つ方が少なくない。独自性の追求もいいが、普段サッカーを見て色々なデザインのユニフォームを見ているコアファンにも納得してもらえるようなデザインをしてほしいと思う。

 

②ダサくても酷評されても売れちゃう負の連鎖 いつもダサいの一言から始まる新ユニ発表、でも半年経っちゃうとみんな買っちゃうし、見慣れてしまう。日本代表が他のサッカーコンテンツと比べミーハー率が高く、「新ユニ来た、買おう!」という流れに行っちゃうのもそれに拍車をかけている。結果として、どんなに酷評されても、売れてしまうという悪い流れが続いてしまう。見慣れれば良く見えるとは言うものの、やっぱり最初からカッコいいと感じられるようなユニフォームが見たい。

 

脊髄反射 最近になり某所で指摘されるようになったが、サッカーをあまり見ない層などで、過去のデザインと比較せずにとりあえずダサい!といっちゃう人が多くなっているのも一つの理由かと。毎回のようにデザインに難を抱えているのも事実だが、ダサいと思うならその理由もしっかり述べてほしいかと。

 

という感じで日本代表の新ユニについて色々語りました。まだ実使用されていませんので、おそらく初着用試合になる11月の親善試合がどう映えるかを楽しみにしましょう。

 

公式サイト

www.jfa.jp

*1:1999年の清水エスパルス、2014年の浦和レッズ、2013-14シーズンのナポリ