あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

【企画】2015年の夏アニメを振り返る【Part1】

皆さんこんばんは。小路あかりです。

リアタイ視聴してきた深夜アニメを振り返る企画の第1弾ということで、記念すべきデビュークールとなった2015年の夏アニメを振り返っていこうかと思います。ちょうど5年前ですね。

・・・なのですが、1年前にリアタイ当時に書いた感想を本ブログに再掲していたので、ここではその記事で書けなかったことを補完していこうかと思います。なので感想だけが見たいのであれば、下記リンクに移動お願いします。

akairomosaic.hateblo.jp

 

深夜アニメを見るようになった「きっかけ」

なぜ2015年から深夜アニメを見始めるようになったのか、今まであまりブログやtwitterで語らなかったので、今回を機に覚えている範囲で書いていこうかと思います。

まず2015年に何があったかというと、僕が大学に入学した年です。高校までとは異なり自由に時間割を組むことができ(理系だったので文系と比べればタイトだったけど)、時間的な余裕が生まれました。そこで新しい趣味を作ろうと考えており、当時僕に先んじて深夜アニメを見始めていた弟の影響を受ける形で見始めることになりました。

大学といえばサークルやバイトをやるのが普通なんですが、サークルは片道1時間半の通学がキツすぎるのと、体験入部したプログラミングサークルがついていけずにすぐに幽霊部員となりました。バイトも通学時間で時間が取れなかったことでやっていませんでした(その後、長期休暇を利用し短期を何度かやった)。

勧められたのは5月の半ば、春アニメは中盤に入っており飛び乗り参戦はハードルが高いということで、過去作を数本視聴。「ジョジョ」の1~3部や「ラブライブ!」などを見ていました。(ジョジョは丁度3部の最終クールをやってたから、確かリアタイしてたはず)。絵柄的にいずれも最初は抵抗はありましたが(両者ベクトルは真逆だが)、見続けているうちにすんなりと受け入れられるように。ちなみに僕の今の主食である日常系やきらら原作にはまだ手を出していませんでした。

そして2015年の夏に満を持してリアタイ視聴を始めることとなりました(とは書いているものの、記憶は結構曖昧で実際に始めたのは8月あたりだったかな・・・?)

 

当時の視聴作品

リアタイ最初となったこのクールでは「監獄学園」「うまるちゃん」「下セカ」「がっこうぐらし」「ウルトラスーパーアニメタイム(USAT)」を見ていました。放送時間について振り返ってみましょう。

監獄とうまるちゃんは日曜0時台。順番は前述の通り。最近こそパッとしない日曜0時台だが、当時の名作率の高さは異常だった。がっこうぐらしはそこまでリアタイしていなかったので記憶があいまいだが、木曜0時台だった気が。USATは確かうまるちゃんの後だったけど、日曜深夜1時台ということでほぼリアタイしてない。そして下セカは毎週月曜でしたが、殆どリアタイしていなかったので調べるまで完全に忘れていました。

当時は前述の通り通学時間が片道1時間半で、1講の日は5時半起床という、超ハードスケジュールだった(近所の大学を合格できなかった自分が悪いけど)。それでもほぼ毎週リアタイで見ていた。当然ながら月曜はめちゃくちゃキツかった記憶。

 

実況はしていないどころか、そういった文化すら知らなかった頃

現在は放送時間になると、twitter上で実況をするのが当たり前になっていますが、2015年夏当時はやっていませんでした。流石に見始めたころからやるのは変な考えではあるんですが、そもそもアニメを含めてTV番組をリアルタイムで実況するという文化すら知りませんでした。

実況という文化を知るきっかけになったのは、当時見ていたアニメのハッシュタグを検索したら放送時間に合わせて膨大なtweetが流れていて、リアルタイムに合わせてtweetするのが面白そうだなと感じたからです。結構安直。実況するきっかけになった話は次回以降で。

 

実は2012年から見始めていた可能性があった

2015年から深夜アニメをリアタイし始めたと色々な所で描いているんですが、一時期ツイフィールでも書いていたように、当時中3~高1の2012年に一瞬だけアニメを見ていました。この時に見た「キルミーベイベー」が人生で初めてみた深夜アニメです。もう8年半前なんですよね。その後高校が忙しくなりアニメから離れることとなり、大学に入って戻ってきたという形です。

 

最後に・次回の告知

本企画は7月5日からの毎週日曜日に上げていきます。次回は12日の投稿を予定しています。そして次回は2016年の春アニメを取り上げます。twitterでの実況を本格的に始め、視聴本数も大幅に増やしたクールです。前述の実況を開始するきっかけについても扱っていこうかと思います。