あかいろモザイク

アニメ、サッカー、ゲームを語るブログ。

『ごちうさ』の今後の映像化展開を勝手に予想する

昨秋放送された「ご注文はうさぎですか?BLOOM」、面白かったですね。私は本作の放送を前後してごちうさモチベが爆上がりして、先日原作コミックスの最新9巻を読み終えたところです。

3期が終わってまだ日は経っていませんが、早くも映像化の続編が待ち遠しいところです。今回は今後の映像化展開がどうなるかを、希望も込々で予想したいと思います。

 

原作ストックについて

3期では原作コミックスの5巻から7巻序盤までを消化。チマメ&リゼの卒業旅行を直前に控えたところでアニメ3期は終了している。残るストックについては2021年2月現在、7巻の約3分の2と、8巻と9巻がある。1期が1~3巻、2期が3~5巻を消化しているという前例も考慮すれば、2021年2月現在で既に4期のストックは確保できていることになる。

 

卒業旅行編、放映する媒体はどうするか問題

現在のストック分を使って来年あたりに4期をやってもおそらく問題ないが、卒業旅行編はごちうさとしては異例の長編エピソードで、TVアニメで放映すると何話かで区切らなければならなくなる。話としてのまとまりがありクオリティも高いこのエピソードは、劇場アニメとして公開するという選択肢も視野に入れるべきだろう。ごちうさ原作は今年で10周年を迎え、プロジェクトの一環として劇場版公開を発表することも十分あり得る。

上映時間に関しては多分問題ないかと。きらら作品の大先輩である「けいおん!」は上映時間110分で仕上げており、ごちうさも同様の上映時間で1.5巻分を詰め込めばちょうどよくなると予想。ただTVシリーズのテンポでそのまま入れるとなると結構ハイテンポになる可能性も・・・。

 

3年編までアニメ化なるか?

原作では卒業旅行編が終わるとココアが3年に、チノが高校に進学することとなる。前述の卒業旅行編を劇場公開させるとなると、4期のスタートを丁度いいタイミングで迎えることができる。原作の消化具合もちょっと予想すると、前半の6話は7巻の未消化分と9巻の後半を中心に組み立てて、9巻最後の進級歓迎パーティを6話ぐらいに持ってくるかな?そして後半6話は10~11巻の内容を引用するかと。できれば2クールで原作完結の所までやってくれると理想だけど・・・原作の流れが読めない以上まだ考えるのは早計かな。

 

【参考】3期の売り上げについて

ここから先は円盤の売上(公式発表ではなく参考値)に関する話題なので、読みたい人だけ読んでください。

ここまで原作ストックガー10周年ガーで勝手に話を進めてきたけど、続編への資金源として3期の売上がどうなっているかについて一応触れておきたい。アニメの円盤売上を取り扱うWikiによると、3期1巻の売上が8000枚弱とされている。1万台に乗せていた1期や2期と比べるとやや数値は落ちるものの、十分稼げている数字。そもそも2期から3期までの5年間で、アニメのビジネスモデルが大きく変化しているのでもっと稼げているんじゃないかと。

 

最後に

今回は予想というよりも希望的観測でしたが、ごちうさの今後のメディア展開に期待です。原作も新キャラの登場や既存キャラの進級・進学で関係性が再構築されており、続きが楽しみで仕方がない状態になっております。という感じで今回は終わりにしたいと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。

gochiusa.com